HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「相続の話をしよう」

あさぎり通信「相続の話をしよう」

2017.12.04 | お役立ち情報

 おはようございます。
あさぎり会計事務所の税理士の山根です。

 あっという間に師走!今年も終わりですね!
いつかのメルマガにも書きましたが、こう言うのが「ジャネ-の法則」なんでしょうね。

 皆様はどうでしょう!?私は、今年はまだまだ、やり残し、摘み残しが多いので、
今月、頑張って新年を気持ちよく迎えたいと思います。

 さて、本年最後の、内容は、「相続の話をしよう」にしました。

 年末・年始は、お正月などで家族が集まる貴重なタイミングです。
こんな時にこそ、普段出来ないような話(相続)をするのが大切です。

 ただし、相続の話は、相続=死」と捉える人もいて、非常にデリケ-トなのも事実です。
そんなデリケ-トな相続の話がスム-ズに出来るよう、今日の話が参考になればと思います。
 
 
 
★ ★ ★ ★本日のテーマ★ ★ ★ ★

● 相続の話をしよう

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 
 
 
■ 相続の話を嫌がる理由 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 私も、相続税の仕事を通じて、色々な相続についての相談を受けます。
相談者は、あげる側の場合もあれば、貰う側の場合もあります。

 あげる側が積極的な場合にはあまり問題ないのですが、
逆に、貰う側が積極的な場合には問題となるケースが多い様な気がします。

 例えば、貰う側が積極的だと、

 「おまえ、俺の財産を狙っているのか!」
 「けしからん!」
 「折角やろうと思っていたのに!!」
 「もうお前になんか1円もやらん!!」
 「よし、何も言わない長女に全部やろう」

と、貰う側が、あまり言い過ぎるとこの様な最悪の結果を招くかもしれません!

 その様に言われた方(あげる側)とお話をすると

 私が「いいじゃないですか別に、どうせ最後は行くんだから!」
と言うと(前提は人間関係出来ています)

「分かっとるが、直接言われると腹が立つ、イラっとくる」
と、感情の問題なんだそうです。

 相続は、やっぱり、理屈じゃない、技術じゃなんだと痛感します!

まず、その点をよくよく念頭に入れておくことが大事です。

「相続税の基礎控除は何円だ」
とか
「こうやったら節税になる」
なんて、次の段階です。
 
 
 
■ 具体的な話の仕方 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 では、どうやってその気にさせるか・相続の話をするのか?

自分で書いておいて無責任ですが、十人十色なんで、魔法の言葉は無いんです!

勉強をしない子供に、どうすれば・どういう言葉を言ったら勉強するのか、と一緒です。

唯一、言える事は、本人がその気になる事でしょう!

では、その気になった前例や、その気になるかもしれないヒントをご紹介します。

 ○ 死を見つめるのは嫌だが、介護・認知には興味がある
  「相続・相続税=死」は直接過ぎるが、介護や認知になった場合の予防策として、
  「後見人」や、最近流行の「家族信託」の話を絡める。
  そのような話になると、必然的に財産の話になり、相続の話へ・・・・

 ○ 孫をダシに使う
  孫の教育費などの話から、相続・贈与(教育資金贈与など)の話へ・・・・・
  孫は、イイダシが出ます

 ○ お墓の話
  自分や兄弟が遠方にいる場合、「お墓って将来どうするの」という
  話の流れから相続の話へ・・・・・

 ○ 実家の話
  お墓の話と類似するかもしれませんが「実家の荷物の整理を手伝う」と言う。
  親が生きている間でなければ、捨てて良いものと悪いものが分からないので、
  一緒に片づけを手伝うよと言って、その流れから相続の話へ・・・・・

 ○ 友達の家の相続の失敗事例
  嘘でもイイから、人の失敗事例(注)を話し、煽る
  (注) 分割が揉めて家族がバラバラ
      相続税が大変だった
  という話の流れから相続の話へ・・・・・

 以上が、私の経験則ですが、
ストレ-トに「お父さん、遺言書書いて」とか「相続税の節税しようや!」とか、
言える家庭は、遠慮せずに進めてくださいね!
 
 
 
■ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 今回の話はどうでしたか?

 相続の話はデリケ-トな部分もありますが、可能なら生前に話をしておく事が肝要です。
年末・年始は、家族が集まるチャンスなんです!

 お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、盆・暮れ正月になると、
銀行等の相続・資産運用系のCMが多いように感じませんか?

 これは感じではなく、盆・暮れ正月を狙って意図的にCMを増やしているそうです。
 この様なCMを、相続の話のネタにするのもいいかもしれませんね。

 この他にも、こんないい方法で親を動かした、という実績のある方は、是非是非教えてください。

税理士が確定申告の代行をします

メールでの確定申告のご相談はこちら

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

税理士があなたの確定申告を代行します

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714