HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「マイレージサービス等のポイントについて」

あさぎり通信「マイレージサービス等のポイントについて」

2017.06.19 | お役立ち情報

 おはようございます。
あさぎり会計事務所の税理士の藤田です。

 雨が少なく、暑い日が続きますね。

 我が家では、家庭菜園できゅうり、トマト、ピーマンなどを作っています。
昨年は地植えで失敗したので、今年はプランターでの栽培にチャレンジしています。

 葉っぱは大きくなるのですが、実がなかなか大きくなりません。
収穫できる数も少ないです。
早くも今年も失敗したような気がします。栽培するのは意外と難しいですね。
水代や肥料代を考えると買った方が良いかもしれません。
 
 
★ ★ ★ ★ 本日のテーマ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

● マイレージサービス等のポイントについて

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 
 
 
■ 概 要 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 今回のテーマは、ポイントサービスにおける税務に関してです。

 ポイント制度は、多くの方が利用されています。皆様方も何らかのポイントを持たれて
いるのではないでしょうか。最近では、ポイントの流通性・交換性が高まり疑似通貨化が
進んでいます。

 ポイントの税務上の取扱いは、はっきりとしていないのが現状ではないかと思います。
下記の具体例において、少し曖昧な書き方になっているかもしれませんが解決します。
 
 
■ 具 体 例 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

<会社がポイントを貯めた場合>

 会社がポイントを貯める為に、公共料金や税金の支払いをクレジット支払にすることは
よくあると思います。

○ 経理処理について

 ポイントが貯まった時点では、経理処理は不要です。

ポイントを利用した場合

 ポイントを一部利用して商品の購入等をした場合には、値引処理となります。
 (本来の支払額-ポイント額)
 次に、ポイントを利用して無料で商品等を取得した場合には、経費と収入が両建てになります。
仕訳では、経費/雑収入となります。

 経理処理において、支払代金のうちポイントの割合がどのくらいだと値引処理をするのか、
両建て処理をするのか、難しい判断が必要になります。

 少し難しい話ですが、法人税では、利益が変わらないので問題となりませんが、消費税の
簡易制度を利用している場合等で問題となります。ポイントを相殺するか、両建てにするか
によって売上高が変わってくるためです。

<会社経費の支払いを個人カードで立替えて支払いポイントを貯めた場合>

 社長が出張する際、航空券などの支払い時に、マイレージが付くので個人のクレジットカードで
支払う、ということはよくあると思います。

 この場合、現物給与として給与課税されるかもしれません。
課税される場合は、下記のような問題点があります。

 ・ポイントが付いた時点で課税をするのか、ポイントを利用した時点で課税するのか。
 ・ポイントが付いた時点で課税であれば、期限が過ぎたらどうするか。
 ・ポイント利用時に給与課税をするのであれば、会社は、個人の利用実態をどのように把握するか。
 ・ポイントの金額をどう算定するのか。ポイント何円と決まっている場合、この金額で算定するのか。
  受け取った商品の時価で算定するのか。

<個人事業主がポイントを貯めた場合>

 個人事業主の方が、事業経費の支払いでポイントを貯め、商品の取得やサービスを
受けた場合には、課税処理はどうするのか。

 事業外の商品の取得等は、購入時に一時所得になる可能性が高いです。この場合、
一時所得の金額が問題になるわけですが、商品の場合、お店によって価格が異なります。
一時所得の金額がいくらなのか難しい判断が必要です。

 事業用の商品の取得等は、事業所得の収入になる可能性が高いです。ポイントを一部
利用して商品の購入等の場合には、値引処理するようになるのではないかと思います。

 上記の「法人がポイントを貯めた場合」でも記載したように、値引処理にするのか、
両建てにするのか難しい判断が必要になります。
 
 
■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 今回の話はどうでしたか?
ポイント制度における税務処理の解釈について記載しました。

 実務上、ポイントについて正しく処理されている方が少ないのが現状ではないかと思います。
周りの様子を見ながら、処理を合わせていけばいいのではないかと思います。

 最近では、「ビットコイン」の税務相談を受けることがあります。
上記に書いた「ポイント制度」同様に税務処理が難しいです。
 

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714