HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「この時期 気を付けたい給料と社会保険料」

あさぎり通信「この時期 気を付けたい給料と社会保険料」

2017.04.17 | お役立ち情報

 おはようございます。
あさぎり会計事務所の税理士の藤田です。

 4月に入って桜が咲き暖かくなりましたね。
花がきれいに咲く時期になりました。

 藤田家では、中央公園で行われているグリーンフェスタで
アジサイを購入し、庭においています。
アジサイは花が大きく、色が鮮やかで見ごたえがあります。
地植えをし、毎年花の観賞が楽しめるように育てる予定です。

 また、家庭菜園でイチゴ作りに挑戦し、暖かくなりやっと
実がなり始めましたがうまく育たないです。
意外と難しいですね。
 
 
★ ★ ★ ★本日のテーマ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

● この時期 気を付けたい給料と社会保険

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 
 
■ 内 容 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 今回のテーマは、4月、5月、6月の給料が一時的に増額になると、
毎月給料から天引きされる社会保険料が増額してしまう、という話です。
 
  
■ 説 明 と 対 策 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

<社会保険の仕組みの説明>
 社会保険料は、会社が社員の給料から社会保険料を天引きし年金事務所に
納める仕組みです。社会保険料の負担割合は、会社と社員で折半となります。

 この社会保険料の計算は、会社がその年の4月、5月、6月の給料を平均して
届出書を年金事務所に提出し、年金事務所が、この届出書に基づきその年の
9月から翌8月までの保険料を決定します。
この保険料は「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」に基づき算出されます。
 この保険料額表は、等級別に保険料が定められています。会社から届出された
平均給料をこの表に当てはめて保険料が計算されます。

 下記のような原因等で一時的に給料が高い月がある場合には、4月、5月、
6月の平均給与が高くなり、社会保険料が高くなります。

・残業手当で給料が一時的に増額した。
・能力給などの手当で給料が一時的に増額した。

変更届出について

 尚上記の対象月以外でも、保険料額表に当てはめた3か月の平均給料の等級が、
上記で定めた平均給料の等級と比べて2等級以上の差が生じた場合には、社会
保険料を変更することになっています。
 つまり、給料が増額、減額したとしてもすぐには社会保険料は変更出来ない
仕組みになっているのです。

<対策>
・4月、5月、6月に業務が集中しないようにする。
・一時的な能力給などの手当は、支給月を変更するか又は賞与で支給する。
 
 
■編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 社会保険料のことは、経営者、従業員の方も含めて気にしている方が
多いのではないかと思います。

 今回の様なケースに該当する場合には、支給方法などを検討されてみてはいかがですか。

 今後のメルマガで、会社の役員の方で年金の支給カットを受けない方法に
ついても記載しようと思います。楽しみにしておいてください。
 

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714