HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「最高裁判決 養子縁組の相続対策 有効」

あさぎり通信「最高裁判決 養子縁組の相続対策 有効」

2017.02.20 | お役立ち情報

 おはようございます。
あさぎり会計事務所の税理士の藤田です。

 弊所では、通常業務に確定申告業務が加わり、 忙しくなっています。

★ ★ ★ ★本日のテーマ★ ★ ★ ★ ★ ★

● 最高裁判決 養子縁組の相続対策 有効

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■ 最高裁の判断 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 節税目的だけの養子縁組が有効か無効か争われた訴訟について、
H29/1/31 最高裁の判断が示されました。
「節税目的の養子縁組でも直ちに無効とはいえない」という見解です。
訴訟の内容は以下の通りです。

○被相続人(祖父)が亡くなる1年前に当時1歳の孫(長男の子)と養子縁組。
○被相続人の死亡後、長女と次女が養子縁組の無効を提訴。
            第一審は、有効
            第二審は、無効
            最高裁は、有効
 今回の訴訟での最大のポイントは、
「養子縁組が当事者の意思があったかどうか」だったようです。
 最高裁は、養子縁組の動機が節税目的だけでも当事者の意思があれば
問題ないとの結論です。

 かなり衝撃的です。!!!

 最高裁のお墨付きを得たので、今後、相続税対策、遺産相続対策で養子縁組を
活用される方が増えると思います。
以下でそれぞれの効果を説明します。

■ 養子縁組の対策効果 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
<相続税対策>
 養子縁組により、相続人が1人増えると
        ■基礎控除額が600万円増える
        ■生命保険金の非課税金額が500万増える
        ■退職金の非課税金額が500万円増える
        ■相続税の税率が下がる

 節税効果は大きいです。この為、民法上養子縁組は何人でもできますが、
税務上では養子として認められる人数の制限があります。

        実子がいる場合     1人
        実子がいない場合   2人
具体例 
   前提条件  相続財産 3億円(うち生命保険金1,500万円)
           相続人 2人(実子)
        養子縁組前(相続人2人)   相続税総額    6,520万円
        養子縁組後(相続人3人)   相続税総額    5,159万円
        相続税の節税効果 1,361万円
この場合、養子縁組をするだけで、相続税が1,361万円も安くなります。
         
<争族対策>
 養子縁組を行うことにより、相続分が下がります。
 下記の具体例の様に養子を増やすと一人あたりの相続分が下がります。

具体例 (相続財産3億円の場合)
  相続分 
 養子縁組前  相続人2人(子のみ)       1.5億円/一人 (1/2づつ)   
 養子縁組後  相続人3人(子2人 養子1人)  1億円/一人 (1/3づつ)

被相続人の死亡後、、遺産相続の際の一人当たりの相続分が下がります。

(注)遺産分割は、原則相続人同士での話合いで分割内容を決めます。
裁判で争いになった場合には、相続分で分割されることが多いです。

■編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
 弊所でも相続税対策で、養子縁組を提案することはよくあります。
お客様によっては養子縁組に抵抗がある方もいます。したがって、無理に
養子縁組をする必要はないと思います。養子縁組を行う場合には、養子縁組
による効果を具体的な数値で確認し検討することをお薦めします。

 養子縁組の手続き、民法上の取扱いについては、今後のメルマガに掲載していきます。
楽しみにしていてください。

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714