HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「税務調査について~その1~」

あさぎり通信「税務調査について~その1~」

2016.09.05 | お役立ち情報

 おはようございます。
 あさぎり会計事務所の税理士の山根です。

 暑かった夏が終わりましたね~秋ですね~

 今年の夏はオリンピックに熱狂した人も多いのではないでしょうか?
今回は、日本人選手の活躍が凄く、競技を問わず大逆転勝利による金メダル獲得等、
たくさんの感動を頂きました!
 そんな中で、私が一番印象に残ったのは、柔道の井上康生監督のインタビュ-での
男涙のシ-ンです。最初は、何で人目も憚らず泣くんだろうと思いましたが、後で
ネット等で記事を読んで納得し、再度感動しました。ロンドンオリンピックの大惨敗の後、
日本柔道の再建を託され頑張り、苦労し、その結果が出た瞬間の想いが溢れた
涙だったのでしょうね!!

 日本柔道といえば、勝って当たり前の伝統と格式の中、今までに無い考えや練習を
取り入れ、重鎮等の外野にも屈せず頑張った、苦しい、長い4年間だったに違いありません!

 これは、企業経営にも通じる所があると思うのですが、業績が伸び悩んでいる、
特に社歴の長い会社は、井上康生監督の様に思い切った改革・人事が必要かもしれませんね!

 是非、参考にしましょう。

 さてさて、前置きが長くなりましたが、秋と言えば「税務調査」の秋です!

 税務調査の秋に備えて、今回から、色々な角度で掲載していきます。

 本日は、税務署がどの様に税務調査先を選定しているのかを、
税務署の内部的な話を交えながら解説しようと思います。

 尚、話の前提は、法人調査で、通常の税務署の税務調査(会社規模の大きい
国税局管轄の調査は除く)です。

★ ★ ★ ★本日のテーマ★ ★ ★ ★

● 税務調査について

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■ 調査先の選定方法 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 税務署では、まず、法人を過去の申告状況から以下の3グル-プに分けています。

1. 申告・納税の実績が良好な法人

2. 過去に不正(重加算税)があった法人

3. 上記のいずれにも属さない法人 → 大半の法人がここの分類

 1.の法人については、前年と比べ売上・利益等、資産・負債の変動が少なければ、
税務調査はスル-される可能性が高いでしょう

 2.の法人については、定期的(3年)に税務調査がある

 3.の法人が数的に圧倒的に多く、結果、選定されやすいのですが、その中で、
前年と比べ売上・利益等、資産・負債の変動が大きい法人が税務調査になる様です。

 又、税理士が変わると税務調査に入られるという話がありますが、これには根拠があるんです。

 税理士によって、それぞれ科目(仕訳)の癖があるので、前税理士と違う科目に
する事によって表面的に決算書の数値が大きく変動する場合があるからです。

 税理士が変わった場合には、科目変動が出ない様にリクエストした方がいいでしょう!

 倫理的に、チクる税理士は居ないと思いますが・・・あまり変な止め方は危険かも・・・

 それから、上記の2の分類法人になると、定期的な税務調査から逃れられなくなるので、
面倒でも、重加算税となる修正申告だけは避るべきです。

■ 決算月による調査時期の選定 ━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 まず、税務署の内部的な話ですが、

7月~12月を上期、1月~6月を下期に分け、職員は、3年に1度原則引き継ぎなしで、7月の頭に異動になります。

 次に、税務調査の行われる主な時期は、

  9~12月(秋)

  4~6月(春)に集中します。

税務調査が秋になるか、春になるかはランダムではなく、決算月によって分類されている様です。

2月~5月(4ヶ月分)決算法人については、7.8月に選定しの調査

6月~1月(8ヶ月分)決算法人については、1.2月に選定しの調査

が原則です。

 う~ん!何か変ですよね!!

 秋と春の選定では、4ヶ月分と8ヶ月分で、月数だけ見ると倍違いますね!!
ただ、日本の法人は3月決算法人の数が圧倒的に多く、数的には同じ位になる様です。

 では、実務上は、秋と春の税務調査では、どちらが楽なのでしょうか?

答えは、春の税務調査の方が楽です。

理由は、

〇 秋の税務調査はタイムリミットが翌年6月まであるので中々妥協しない

 逆に、春の税務調査はタイムリミットが6月までと短いので、物理的に
終わらせる必要があるので、比較的妥協してくれる可能性が高くなる

〇 秋の税務調査で、頑張った方が、署内での人事評価等が高い

 どうせ、頑張るのなら春より、秋に頑張った方が出世できる

 以上が、決算月と税務調査の時期との関係ですが、この原則に当てはまらない
場合には、何かネタを掴んでいる、決め打ちだと思った方がいいでしょうね!!

■編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 税務調査って、何か嫌ですよね!!
ちゃんとやっていれば怖くはないけど、でも面倒くさいですよね~!

 特に、秋の税務調査は大変なので、2月~5月決算法人については、
決算期変更を検討してもいいのかもしれませんね!

 決算期の変更は、登記事項ではなく、定款の変更(株主総会)だけで
出来るので、手続きは非常に簡単です。

 最後に、1年の内で、最も税務調査に入られる可能性が低い決算月は
何月かお分かりですよね!?!

 分からない方、気になる方、ご連絡下さい。

 あと、9月から弊所のホ-ムペ-ジをリニュ-アルしたのでぜひご覧ください

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714