HOME > お役立ち情報 > あさぎり通信「民事信託について」

あさぎり通信「民事信託について」

2016.08.16 | お役立ち情報

 おはようございます。
あさぎり会計事務所の税理士の藤田です。

 暑い日が続きますね。お盆は、いかがお過ごしでしたか。
私は、実家に帰り、墓参りや親戚に会ったりしました。
帰省といっても、実家は広島市内です。

 あとは、暑いので家で子供と一緒にプールで遊んだりしていました。

★ ★ ★ ★本日のテーマ★ ★ ★ ★

● 民事信託について

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

■ 概要 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 今回のテーマは、「民事信託」についてです。
一般的に家族信託と言われることもあります。

 民事信託とは、財産を持っている人(委託者)が財産を管理、運用、処分する人(受託者)
を定めて、財産の管理、運用、処分をお願いする制度のことです。この財産の管理、運用、
処分から生じた利益を受ける人を受益者といいます。
 尚、受益者は、委託者がなる場合や、委託者以外の人がなる場合があります。

 又、民事信託は、家族間で行うことが出来るのが特徴です。

 たとえば、アパート経営の場合、オーナーが民事信託の契約によってオーナー自身が委託者、
受益者となり、息子を受託者とさせアパートの管理、運用、処分をさせることができます。
オーナーの判断能力の低下等の不測の事態に備えて息子にアパート経営を任せるという事です。

 本日は、民事信託が活用できる具体的な事例を紹介します。
尚、制度の内容については、説明が長くなり、複雑なので後日記載します。

※今すぐに知りたい方は、弊所までお問い合わせください。

■ 民事信託の活用例 ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

1. 本人の判断能力が悪くなった場合(認知症など)に有効な活用例

■ アパートローン、住宅ローンがある場合

 10年固定のアパート、住宅ローンがあり、10年後の判断能力の低下に備える場合

 →10年固定の優遇金利で融資を受けている場合、10年後には金利が高くなる可能性があります。
その際、再度借り換えなどで再契約して金利を下げたりしますが、判断能力が低下している場合、
民事信託していないと、本人では契約ができないので高い金利になってしまいます。

■ アパートを建築したり、マンションを購入する場合

 相続税の節税対策を行う場合、判断能力が低下した場合にはアパートの建築やマンションの
購入ができません。

 民事信託を利用すれば、本人の判断能力が低下した場合でも、アパートの建築やマンションの
購入ができます。当然、融資を受けることもできます。

■ アパートを所有している場合

 判断能力が低下した場合は、賃貸借契約ができなくなります。民事信託を利用すれば
問題解決です。新規に入居者と賃貸借契約したり、大規模修繕を行うことが可能です。

2. 相続税対策で財産は贈与したいが、その財産の管理、支配は自分が行いたい場合

■ 同族会社の自社株式の議決権対策

 相続税対策の為、子供に株式を贈与したい。が、会社の議決権は、持っておきたい場合に、
民事信託を利用すれば、株式を贈与したとしても、株式の管理、運用、処分は、自分が行う
ことが可能です。

3. 遺言書ではできない相続対策

■ 将来、長男の妻側の家に財産を渡したくない場合

 長男夫婦に財産を相続させたいが、長男夫婦には子供がいない為、長男の妻が死亡した
場合には、長男の弟に財産を引き継いでもらいたい場合。

■ 相続税対策で孫に財産を相続させ、管理等は息子にさせたい場合

 相続税対策の為、1代飛ばしで孫に財産を相続させたいが、孫の年齢が若い為、財産を
相続させるのは心配なので、管理は息子にさせておきたい場合

 今回、紹介した例は代表的なものですが、この他にも様々な方法が考えられます。

 ただし、民事信託は、税務の問題、登記の問題、遺留分の問題など様々な法律が関係し、
制度設計は慎重に考えなければなりません。

 あさぎりグループでは、税理士、弁護士、司法書士などの専門家で構成されており、
民事信託について、あらゆる角度から精査しワンストップで対応が可能です。

■編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 この民事信託については、初めて聞かれる方が多いかもしれません。
先日から広島の銀行で、民事信託のマネジメントサービスが開始されています。
様々なケースで活用ができる為、今後広がっていくと思います。

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714