HOME > お役立ち情報 > 所得税対策 <掛金が全額所得控除できる共済制度について>

所得税対策 <掛金が全額所得控除できる共済制度について>

2014.05.19 | お役立ち情報

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 ☆あさぎり税務・経営得ダネ情報☆ vol.04 2014年5月19日配信☆

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 あさぎり会計事務所の税理士の山根と藤田です。

  本日の内容は、「小規模企業共済制度」です。

  前回の「経営セフティ-共済」同様、知らない方が意外に多いの
 で優先順位を上げてのご紹介です。

  詳しい内容等々は以下の通りです。

■ 小規模企業共済制度 ━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【概 要】
  経営者の退職金制度

【運 営 先】
  独立行政法人中小企業基盤整備機構という所で、要は国が運営してい
 る様なものなので安心(潰れないでしょう・・・・)
 http://www.smrj.go.jp/skyosai/

【加 入 出 来 る 人】
 ○ 個人事業主
 ○ 中小企業の役員

【特 徴】
 ○ 掛金は、1,000円~70,000円の範囲内で自由に選択が可能
 ○ 予定利率1%(変動あり)で運用される
○ 納付掛金の範囲で借入も可能

【税務上の節税メリット】
 ○ 掛金全額が、所得控除(所得税・住民税の控除)
 ○ 受取時の税金が安い
    ・退職・会社解散時の受取
      ⇒退職所得(退職控除額を控除して更に1/2)
    ・任意解約時の受取
      ⇒一時所得(50万円を控除して更に1/2)
    ・死亡時受取(遺族が受取る)→相続税の退職金扱い
      ⇒500万円×相続人の数までは非課税

【注 意 点】
  任意解約は、解約時期(240ヶ月未満)によっては掛金を下回る
   ⇒節税額を考慮した場合には、掛金を上回ることが多い

【ま と め】
  小規模企業共済は、入口(支払時)では全額所得控除になり、出口
 (受取時)でも退職金等の扱いで非常に税金が安い、すごい
  税率が高くなる程、節税効果は大きくなるので所得税対策を検討さ
 れている方は、今直ぐ加入しましょう。
  もちろん私も加入しています。

電話でのお問い合わせは			0120-947-714

メールでのご相談はこちら

無料相談会を実施しております

無料相談会のご予約はこちらから

お問合せ

電話でのお問合せは			0120-947-714
メールでのお問合せは24時間受け付けております
相続の小冊子プレゼント
相続サポートご費用

メニュー

運営団体

相続・贈与相談センター広島中央支部〒730-0013 広島市中区八丁堀7-2広島八丁堀72ビル3F

電話でのお問合せは			0120-947-714